英語の勉強法

 

英語の勉強法は色々とありますが独学で勉強しているという人も多いと思います。大学受験のための英語の勉強法を色々と独学で探して今にいたっている人、高校、中学の英語の勉強法がわからずに試行錯誤繰り返している人など様々です。英語の勉強法は何を目的にしているのかによっても違ってきます。たとえばセンター試験のための英語の勉強法なのか、それとも受験のための英語の勉強なのかリスニングを勉強したいのかなどその内容に合わせても違ってくると思います。英語の勉強法でおすすめのものをインタネット上で調べるということは十分に可能ではありますが、自分にその方法が合うかどうかは実際にやってみないとわかりません。
色々な芸能人が英語の勉強法を編み出しているということも知られていますがたとえばサッカーの中田英寿選手の英語の勉強法も一時期話題になりました。他にも、海外ドラマを見て英語を勉強するという方法なども一時期話題になりましたよね。
英語の勉強法は使う教材によっても違っていますし、音読なのかどれくらいの期間で行うのかなどによっても色々と違ってきます。社会人の英語の勉強法としてはdvdを見たり、英会話スクールに通ったりすることが多いかもしれませんが今はmp3プレイヤーで英語を流しっぱなしで勉強するといたような方法なども人気がありますからいろいろと英語の勉強法を調べたうえで自分に合いそうなものを調べてみるというのが一番いい方法かもしれません。

英語の発音

 

英語の発音が苦手だという人は多いですが辞書を見て勉強をしていてもなかなか発音というのは目で見てわかるものではありません。母音のかけ方がわからなかったりイントネーションがわからないという人が多くカタカナ読みはできるけどどこにアクセントをつけて英語の発音をすればいいのかわからない人も多いでしょう。
毎日練習して英語の発音を身につける必要がありますが間違った発音で身についてしまうと矯正したくてもすでに手遅れであるということもありますから注意が必要です。英語の発音を勉強するための電子辞書などもあり音声でアクセントを教えてくれますから調べたいときに調べて音声を聞いて真似をするという方法もあります。
英語の発音のコツはやはり基礎からしっかりと身につけることが大切ですが口の動きや舌の巻き方も重要で、よくrの発音が日本人は難しいといいますがその通りです。NHKで英語の教育番組が放送されていますがそれでも発音記号を表示して基礎から教えてくれていますからアクセントについても色々な面についてもきちんと理解しておくのがいいでしょう。英語の発音をダウンロードしてインターネット上で見て勉強するという方法もありますし、自宅学習教材としてdvdで確認しながら勉強するという方法などもあり今はかなりいろいろな学習方法があります。
英語はやはりネイティブの発音のプロに習うのが一番だと思っている人も多く英会話教室に通うという人も多いですね。動画を見ながら口の動きにも注意してもいいでしょう。

英語の筆記体

 

英語の筆記体と言えば中学で学ぶことの一つだと思っている人も多いと思いますが、最近は実は中学でも高校でも英語の筆記体を学ばない学校もあるといわれています。確かに公立の学校、私立の学校に限らず英語の筆記体を基礎から教えているところは今少なくなっているのが現状です。なぜ英語の筆記体を教えなくなったのか、その理由はネイティブの英語を話す人たちもほとんど筆記体を書かないからだそうです。日本にも書かない草書体と呼ばれる文字があると思いますが、この草書体と同じように筆記体は考えられているとも言われていてネイティブのスピーカーたちが書かない筆記体を日本人がわざわざ学ぶ必要がないということから英語の授業で筆記体を教えないことがあるのだそうです。このことを受けて色々と調べてみると確かに筆記体は教えずにブック体だけを教えているというところが増えているということがよく分かってきています。
筆記体の書き方を知らないと困るということもなく、筆記体が読めなくて困るということもこれから先はないのかもしれませんが一応は一通り英語の授業の一環として筆記体は教えておくべきであるという考え方もあるようで今ふた手にわかれているのが現状です。
これから英語を学ぶという人は自分が必要だったら筆記体を勉強すればいいと思います。インターネット上で筆記体の書き方については掲載されているサイトも色々とありますからそれを見れば十分独学で勉強することも可能です。